臨終の場で父に言った言葉が、現実になった出来事。

2年半前にガンを患っていた父が他界。臨終の席に私は間に合い、他の人が居なくなった時に何か言わなくては!と思っていて、相手を諦めさせるような言葉。例えば、「今まで、ありがとう」なんて決して言っちゃいけない。では、どんな言葉を言えばいいのか?仕事をしながら、病態が悪くなるにつれ、頭を占拠する時間が長くなっていきました。どんなに考えても「これで決まり!」なんて答えは見つからないもの。結局、その場が来るまで考え続けるのだろうなと思っていたら、本当にそうなってしまった。私の選んだ言葉は「これからもよろしく」という言葉でした。その後、「ずっと一緒に居よう!どこへでも一緒に行こう、どこへでも」と。決してこれが最後ではないよという旨を伝えたかったのですが、次の一緒にはなぜか出てしまいました。訳も分からずです。あれから2年半の月日が経ち、私はある問題の渦中に居る。こちらは悪くなく、相手側から吹っ掛けられた喧嘩のようなこと。そんな中で10年以上使っていたオメガスピードマスター自動巻きが止まった!高級時計が止まるなんて、今後に悪いことが待ち受けているようでとても嫌だったが、実家に帰った際、父の形見の腕時計をつけることにした。ソーラータイプの時計は引き出しの中で、完全に止まった状態。母が陽の当たる場所に放置したところ、動き始めたそうです。「まるで、お父さんが生き返ったように時を刻み始めて、何か不思議な感じがした」とは母の談。自分は高級時計が買えるまで、成功するまで父のこの形見を身に着けるつもりでいる。成功していく過程を父と共に歩もうと考えたのです。先日、神頼みもある意味重要と考える私は都内の2つの神社を訪れた。交差点で待っている間、ふと時計に目をやる。その時、「父と来ている。父はこんな所に来たことはなかったろう。臨終の席で言った色んな所に行こうという言葉が現実になった!」と超絶不思議な感覚を覚えた。毎朝、時計をはめる。成功するその日まで・・。キレイモ パックプラン

静かに淡々とした横綱が強くなって戻ってきました

大相撲夏場所で優勝したのは横綱・鶴竜関で自身初の二場所連続の優勝となりました。モンゴル勢の横綱としては正直、一番目立たない横綱で優勝回数もまだ5回と少なく白鵬関や元・日馬富士関の陰で隠れた存在だなと思っていました。物静かそうなイメージで、白鵬関、元・日馬富士関の2人に比べて闘志を前面に出さないところが日本人らしい力士だなと感じていました。おまけに日本語も堪能でインタビューは違和感なく聞けるのです。
でも、昨年は休場が続き「もうそろそろ引退では?」とひそかに感じていた時がありました。ですが予想を裏切って優勝を重ね始めています。遅咲きですが、今が全盛期ではないでしょうか。以前からさすが横綱だなと思うような技の上手さがありましたが、その一方で「引く」癖があり、一気に押し出されてしまうところがありましたがここ最近はその癖が見られません。現在32歳で白鵬関の大記録には追いつくことは難しいと思いますが、今後も上手い相撲を見たいなと思う横綱です。