瓦斯にあたってといったものが蕩けるみたいすにおいて

ガスなどに対して演習しました。100年ほど前までは、調の中に酸素や窒素以外のガスが混じっていることは知られていませんでした。但し、サイエンティストたちは重さのちがいから、調から取り出した窒素には窒素以外のガスが含まれているにちがいないと考え、なんとか不活性なガスを発見し、アルゴン(不活性、なまけもの)という名を塗り付けました。これらのガスは他の物質との混合物をちっともつくりません。また、調中に存在する体積がごく少ないです。そのため、不活性気体とか希気体とかよばれています。次は、物質が水に蕩けるみたいすに対してだ。砂糖のクリスタル(氷砂糖)では、砂糖の粒が規則正しく並んでいます。水の粒が砂糖のクリスタルに衝突し、砂糖の粒はばらばらになって、水の粒にとりかこまれてしまいます。砂糖の粒は非常にちっちゃいので、融けるという見えなくなってしまう。このようなことを覚えましたが、知らないことがそこそこありました。それで勉強して良かったです。

人を好きになるのって、けっこう面倒くさい

最近、ちょっとした恋をして、そして、「人を好きになるのって面倒くさいな」と思うようになりましあた。
これは別に恋したりするのが悪いというわけではなくて、ただ単に自分の性格についての話です。
というのも、好きになた人が自分以外の誰かと仲良くしていたりすると、なんだか胸の中がもやもやしたりするんですよね。
嫉妬とか敵対心とまでは言いいませんが、なんとなく心穏やかではいられないものです。
相手の人の行動一つで、そんな風に戸惑ったりしてしまう自分が、とても面倒だなと感じてしまいます。
人に好かれたり、気を引くために努力するのも悪くはないとは思いますが、なんとなくそれも違うような気がします。
本当の自分ではない偽りを自分を作れば、もしかしたら好きになってもらえるかもしれません。
しかし、それは自分のことが好きなのではなくて、相手の好みのタイプになろうとしているだけだと思います。
それが果たしてその人を好きになったときの自分とイコールかどうかというのは、大いに考えてしまうところなんですよね。